毎日のパンの話とそれを取り巻く家族のこと


by bakingbread
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

酵母の作り方のレッスンから、もう1ステップをということで、酵母を使った生地で違うパンを焼成。
a0283987_0541712.jpg

a0283987_0553530.jpg

一つ目はリュスティック。フランスパンの仲間です。切りっぱなしという意味。生地が発酵したら、スケッパーで、食べたい大きさに切るだけ。生地になるべくさわらないのが、美味しいパンにするため工夫。
a0283987_0565245.jpg

a0283987_0581100.jpg

そしてフォカッチャ。トマト水煮をそのまま使い、生地もほのかなオレンジ色のフォカッチャ。ローズマリーを生地に仕込んだ、ハーブなフォカッチャ。どちらがお好みだったでしょうか?
イーストでももちろんできるパンたち。でも酵母の生地で仕込んだパンたちも独特の風味、そしてモチモチ感が生まれます。
a0283987_0594078.jpg

まずはフォカッチャで試食。バジルや生ハムで包んで食べると、また美味しい。
今回はお魚のタラで試食。辛みを少し(とっても)聞かせたトマトのシチューで仕上げました。
レッスンで捏ねた生地たちは、皆さんお家へお持ち帰り。あれから7時間後、お家で焼きあがったはず・・・。
基本のカンパーニュも美味しいけれど、いろんな味に変化する酵母のパン。
作る楽しさを味わっていただけると嬉しいです。
[PR]
by bakingbread | 2015-02-20 01:01 | パン教室"Pain Au Levain" | Comments(0)

ピタパン&チョコ食パン

クリススマス、ニューイヤーと終わり、2015年も1年の1/12が終わり。イベント好きなイギリス人にとって、4月のイースターにはまだちょっと時間がある・・って思ったら、2月はバレンタインデー!!
たぶん日本の方が盛り上がるんでしょうね。
そんなことも意識してのチョコ食パン。ココアのパン生地にチョコチップを成形で巻き込みます。
ココアの甘さ控えめな生地もチョコチップで代わります、ビターなチョコやミルクチョコで甘さもそれぞれ。
大切なあの人の好みにあわせて(いや、自分の好みだったりする・・)、またチョコ好きな子供たちのおやつに、または朝ごはんに。食べる相手は違っても美味しいものは美味しいんです。
a0283987_1523440.jpg

a0283987_154409.jpg

ピタパン。ぷぅーとオーブンで膨らんだ生地は、家パンならでは。あっつ、膨らんだーー!!ガンバレー、あと少しなんて声かけもしたくなってしまいます。
ロンドンでは、ポピュラーなレバニーズ料理。もちろんランチはピタパンで。
そしていっしょにファラフェル。クミンの香が食欲をそそります。みんなでお団子作ったら、揚げましょう。
一緒にフムスも。シンプルなフムスに、トマトフムス、ビーツフムス。色も鮮やかで可愛いです。
いっぱいピタパンに詰めたら、ガブッと行きましょう。こぼれないから大丈夫。
a0283987_1565570.jpg

a0283987_203410.jpg

a0283987_22478.jpg

お家では何を入れて食べましょうか・・?
[PR]
by bakingbread | 2015-02-16 02:05 | パン教室"Pain Au Levain" | Comments(0)

自家製酵母レッスン

a0283987_143299.jpg

野生酵母種の自家製酵母作り。外は寒いですが、暖房のきいた家の中は暖かで、冬といえども比較的酵母作りが順調にいきます。
天然酵母作り。果物を使って、自然と仲良しになることから始めます。難しいそう、手間がかかると思われがちですが、毎日のお世話は簡単なことで、それよりも日々変化する酵母の様子を見るのが、楽しくなってきます。
毎日私たちがご飯を食べるように、酵母ちゃんにもご飯を。美味しくなって、元気に育ってと願い、風邪を引かないように暖かいところに置いてあげれば、酵母は美味しく、元気に育ちます。
時間がかかりますが、それが美味しくなる証。
レーズンがブクブクしてきたら、あと少し。
a0283987_1283244.jpg

音、におい、そして視覚で酵母を仕上げます。
旬のみかんは元気です。
a0283987_1271313.jpg

ブルーベリーもあとちょっと。
a0283987_1294287.jpg

約1週間の酵母作りから次の中種、パンの生地の一部を作ります。
a0283987_131299.jpg

そして、美味しいパンになりました。
a0283987_133141.jpg

a0283987_13458100.jpg

時間をかけて作ったパンは愛おしさとともに、世界でたった一つのパンという満足感も生まれます。
そして、美味しい。酵母の甘味を感じます。
お待ちかねのランチタイム。
a0283987_137096.jpg

頬肉を煮込んだビーフシチュー。酵母パンはこんなシチューがよく合います。
a0283987_1385043.jpg

焼きたてのパンは美味しいですが、日々変化する味は酵母ならでは。
明日はどうやって食べようか。そんな楽しみもできますね。(その前に無くなってしまうかもしれませんが・・・)。
育てる楽しみ、食べる楽しみ。酵母作りが日課になっていただけると幸いです。
[PR]
by bakingbread | 2015-02-09 01:43 | パン教室"Pain Au Levain" | Comments(0)

ポテトサラダ

a0283987_0381229.jpg

日本のお惣菜サラダの定番、ポテトサラダ。お弁当買うと必ず入ってます。コンビ二のサンドイッチだって、ポテトサンドになってるし。
美味しいお芋の多いイギリスにないのが、おかしい、いや、あるけど??で食べない。
我が家はちょくちょく食卓にあがります。
ポテトを蒸すと、水っぽくならず、お酢の代わりに林檎ジュースが隠し味。あのツンとした酸っぱさがなく、まろやかに。そして多めの粒マスタードを。
1度お試しを。
[PR]
by bakingbread | 2015-02-02 00:39 | レッスンのサラダ&スープ | Comments(0)
寒いですね~~~と、まずは朝の挨拶。今年は暖冬かもと思いながらも、年が明けてから寒さが厳しくなりました。
冬こそ、オーブン活用を。暖かいキッチンは、心もホッとさせてくれます。それにいい匂いもたちこめれば、なお更。
a0283987_0223952.jpg

ソーセージロール。生地をくるくるソーセージまきつけます。生地を棒状にする作業は結構難しいんです。なかなか伸びなかったり、べたついてしまったり。でも基本の成形はとても役にたちますよ。
でもこんなにいっぱいあると圧巻ですね。約30本のソーセージロール。おいしそう~~。
a0283987_0252255.jpg

一緒にポテトサラダと。日本では、よくある定番ポテトサラダもイギリスだとお見かけしませんね。
a0283987_0285189.jpg

イギリス食パン。お山が二つ並ぶと、可愛いです、焼きあがって型から外すと、成形の渦巻き模様。
角食パンに比べて、配合も焼き方も違うので、生地がサクサクします。こんな食パンは美味しい具を挟んだサンドイッチがいいのかも。ベーコン入れてBLT、ツナマヨや、定番ハムチーズもいけますね。
手軽にできるパン2種類。どちらも気にっていただけると嬉しいです。
[PR]
by bakingbread | 2015-02-02 00:30 | パン教室"Pain Au Levain" | Comments(0)